Discover all media in Laparoscopic Surgery on WeBSurg, The largest collection of educational programs in laparoscopic surgery
Authors & faculty members in Laparoscopic Surgery on WeBSurg
Our Editorial & scientific committee of WebSurg, the e-surgical reference.
Surgical Videos in Laparoscopic Surgery on WeBSurg
WebSurg, the e-surgical reference presents its range of videos.
Experts' Interviews in Laparoscopic Surgery on WeBSurg
WebSurg, the e-surgical reference presents its range of Experts' Interviews.
Operative techniques in Laparoscopic Surgery on WeBSurg
WebSurg, the e-surgical reference presents its range of Operative Techniques.
CME Center on WeBSurg
Online CME courses on WebSurg, the e-surgical reference in laparoscopic surgery.
IRCAD/EITS Lectures in Laparoscopic Surgery on WeBSurg
WebSurg, the e-surgical reference presents its range of Lectures.
Clinical cases in Laparoscopic Surgery on WeBSurg
WebSurg, the e-surgical reference in laparoscopic surgery presents its range of Clinical Cases.
WebSurg table of contents - all specialties, organs, pathologies, and topics in Laparoscopic Surgery

WeBSurg賞について

目的と指針

 WeBSurgは、低侵襲手術を行っている世界中の外科医を対象としたビデオコンテストである第1回「WeBSurg賞」を制定することができ、大変光栄です。
 目的は、ロボット支援手術、内視鏡外科手術を含めた低侵襲手術の分野における最も優れた教育的ビデオを評価することです。「WeBSurg賞」は、evidence-based surgeryにおける知識の構築に貢献する外科医に、素晴らしい賞を用意しています。
 以下の専門領域に関連するビデオが対象です。:一般消化器外科、内分泌外科、胸部外科、泌尿器科、産婦人科、心臓血管外科。
 一度登録されたビデオは、WeBSurg.com画面に残ったままになることを注意して下さい。


賞の内容

1位:KARL STORZの有する全て内視鏡外科ビデオです。ボーナスは、EITSコースへの学部メンバーとして参加です。(IRCAD/EITSが提供)
2位:Karl STORZの有するビデオ。
3位:Karl STORZの有する腹腔鏡機器。

最初に選ばれた30候補:Apple® iPod Touch(IRCAD/EITSが提供)

KARL STORZの制定する賞はすべて、候補作品の分野により影響を受ける可能性があることに注意して下さい。

公式審査員

審査員は、低侵襲手術分野において国際的に有名な外科医から構成されます。

会長 IRCAD/EITS, University of Strasbourg,Strasbourg (France)
Jacques MARESCAUX

国際委員会
Mehran ANVARI Canada
Michael BAILEY United Kingdom
Garth BALLANTYNE United States
Markus W. BUECHLER Germany
Francesco CORCIONE Italy
Michael EDYE United States
Jose Maria FRANCI Argentina
Karl-Hermann FUCHS Germany
Richard J HEALD United Kingdom
Masaki KITAJIMA Japan
Paolo MICCOLI Italy
Adrian PARK United States
Eric RULLIER France
Barry SALKY United States
Nat SOPER United States
Lee SWANSTROM United States
Nobuhiko TANIGAWA Japan
Eduardo TARGARONA Spain
Hurng-Sheng WU Taiwan
Chung Kwong YEUNG China
Minhua ZHENG China

地方委員会  IRCAD/EITS, University of Strasbourg,Strasbourg (France)
Bernard DALLEMAGNE
Joël LEROY
Didier MUTTER
Christian SAUSSINE
Michele SIMONE
Michel VIX
Arnaud WATTIEZ

カレンダー

2007年5月31日:ビデオ募集の締め切り日
2007年9月下旬:上位30のビデオを選択。
2007年12月上旬:この30のビデオは、award.websurg.comの画面に掲載されるであろう。
2007年12月下旬:審査員が最終決定を行います。
2008年01月:
All the videos of the 30 laureates will be published gradually on WeBSurg.com.

ビデオに関する審査基準

選択に適したビデオは、首尾よく編集されていることが条件です。教育的な要素が含まれていなければならないので、明確なナレーションが付いていなければなりません。高解像度の画像が最も重要です。
ビデオの長さは、手術により様々となる可能性があります。10分前後が理想であり、15分は超過しない方がよいと思われます。デジタルフォーマットのみ許可されるでしょう(DVCam、Hi8、MiniDV、DVD、DVPro、CD-Rom)。encoding formatはMPEG1,2,4あるいはDVでお願いします。VHSやS-VHSを含めた他のフォーマットは採用しません。
全てのビデオは、ここに述べた技術基準に従う必要があります。

重要項目

ビデオは、二重投稿となってはいけません。また投稿者は、WeBSurgのwebsiteに掲載される前に、ビデオを公開してはいけません。この基準が遵守されなければ、即座に候補者から除外いたします。
特別な手術道具の提示は、必要な限りにおいては許可します。広告性の強いビデオは、このコンテストに適していないと思われます。
質問に関しては、email addressで我々にアクセスして下さい。